医師、医者の収入

気になる医療系職業の年収

日本の職業の中でも高額給与として名が挙がる職業が、『医師』です。
そんな人気の医師がどのくらい給料をもらっているいのか、気になりませんか?

そこで、気になる医師の年収、給与、時給と仕事内容などを踏まえてリサーチしてみました。
病院の勤務医を中心として、気になる医療系職業の年収を取り上げていきます。
また、開業医の年収なども同時に触れていこうと思います。

◇平均年収

勤務医の平均年収は、調査を行っている会社や団体によりずれはありますが、
約1200万円程度だと言われています。民間病院や大学病院などによっては、
年収に格差があるようなので、全員が全員同程度の年収を得ているわけではないようです。

また、開業医の平均年収は2000万円程度とみられているようです。
しかしながら、初期投資、設備投資や経営をみずから行わなければならないため、
経営が軌道に乗らなければ、手元に残る金額は勤務医よりも低くなる可能性があります。

いづれにしても、サラリーマンの年収が400万円程度だということからみて、
圧倒的に医師が高収入であることが分かります。

さらに収入アップを目指すなら
医師転職で年収アップ率146%の求人情報

仕事別

医療系の仕事といえば、医師をはじめとして歯科医、獣医、薬剤師、看護師など
種類は様々です。ここでは仕事別の年収を取り上げていきます。

>>医師の仕事とその収入はコチラ
>>看護師の仕事とその収入はコチラ
>>歯医者の仕事とその収入はコチラ
>>薬剤師の仕事とその収入はコチラ

年代別

当然ながら、キャリアがあまりない若者よりもキャリアのあるベテランの年収
のほうが高い傾向にあるわけです。ここでは、20代、30代、40代、・・・と
年代別の年収を取り上げていきます。

勤め先

大学病院や、国立病院などの大病院で働く勤務医や、地方の小規模の病院で働く
勤務医、開業医とでは、年収に違いが見られます。勤め先別の年収を取り上げていきます。

役職別

病院で働く上で、特に大学病院などでは役職が与えられます。
研修医、医局員、教授、講師など、役職別の年収を取り扱っていきます。

開業医

勤務医の反対の意味を持つ開業医。勤務医とは働き方が違うため、
年収にも違いが表れています。勤務医の年収よりも開業医の年収のほうが
高い傾向があるようです。