歯医者

歯医者について

歯医者は日本において、人気が高い職業の一つです。
欧米では、小さい頃から歯を大切にしています。
大人になってからも、定期的に歯医者に通い、歯のクリーニングを行う人が
数多く存在します。日本でもそのような習慣が受け入れられつつあります。

もし、虫歯ができれば、できるだけ早く歯医者に通わなければ、
おいしく食事をいただくことができなくなります。

また、年を重ねるにつれ、歯槽膿漏で歯がぐらつきはじめることがありますが、
そういった場合には、インプラントにする人も多いです。
インプラントの場合、見た目にも自然で、食べ物をおいしく
食べられるようになります。そのため、取り入れる人が多いのは当然といえます。

歯医者には、虫歯治療やインプラントの導入など、見た目にも美しく、
食べ物をおいしくたべられるようにする技術が求められています。
日本では人々が以前よりも歯の健康に注意を払うようになったため、
歯医者を求める人が増えたといえます。

歯医者の収入

いつか、新聞で医師の中で、収入のトップは歯医者さんだと出ていました。
このニュースが出るまでは、歯医者さんの収入は、
そんなに高収入だとは思ってもみませんでした。

お医者さんのなかでも、歯医者さんより高度の技術が必要な医療に
携わっているお医者さんも多いと思います。
しかし、平均してみると歯医者さんが収入のトップにいるということは、
先ほど言った、高度の技術を必要とする医療に関係しているお医者さんの
数が少ないのかもしれません。

3年ほど前に、私の身内が、ある国立病院で、かなり高度の技術を必要とする
手術を受けました。なんでも、そのような手術をできるところは、
日本にも、5~6か所しかないように聞きました。
それほどの手術を担当されるお医者さんでも、年収は、そんなに多くないようでした。
これは多分、国立の病院のお医者さんだったからかもしれません。
しかしそれに引き替え、町の歯医者さんの、平均の年収は、
もっと高額だったので、びっくりした次第です。