獣医の仕事とその年収

獣医とは

単純に言ってしまえば、獣医とは動物全般の 医師ですが、
最近では犬や猫だけでなく、ウサギ、 鳥、爬虫類に至るまで、
様々なペットを飼っている人が多く、 そのいずれにも精通していなければならない
獣医という仕事は 外科や内科等細かい専門分野に分かれている、
人間と違って多くの知識が必要だと思われます。

また、人間相手でないから気が楽だと思われがちですが、
獣医を頼って来る人からしてみれば、家族同然のペットである為
間違っても気が楽だなんて思われたくないはずです。

昔と比べペットを家族同然にかわいがり、 動物保険なんてものに
入っている人も多くいる日本のご時世です。
それなりに高く、今まで以上に多くの人に認知されても良さそうな
職業ではないかと思われます。
また、人間同様猫専門医、犬専門医等 大まかでも分かれている方が
かかる方も、みる方も大きなメリットがあると思われます。
個人的には今以上に動物病院の数が増え、
専門性も高まってくれるとうれしいです。

獣医の年収

今、ペットブームという事もあり、獣医を目指す方も多いと思います。
またペットを飼ってる方には身近な 獣医さんですが、
獣医さんの年収は一体 いくらなのか気になる所でもあります。
あるデータによれば、平成22年の獣医師の 平均月収は43万円、
そこから推定される平均年収(ボーナス込)は616万円、平均時給は2,105円でした。
また男性平均年収は729万円、女性平均年収は416万円 という結果でした。
また、勤務医と開業医とで収入の金額には大きな差があるようです。
勤務医として働く新人獣医の年収は、地域によって差はあるようですが平均で250~400万円程度のようです。
3年勤務したとしても月収は全国的な 平均で、23~27万円程。
3年ほど経てば、ボーナスも支給されるようですが、それを入れても年収は300万円程のようです。
5年目勤務ではどうでしょうか。
やはり大体平均で月収25~30万円くらいであまり変わりはありません。
しかし、開業医ともなると年収500~2000万円程 になるようです。
500~2000万円と金額にかなり差がありますが、
雇われの院長ですと年収600万円を超えるのは難しいそうです。

医師の種類や年収で求人見るなら
http://www.dr-10.com/index.html